出会い系のメリットと弱点を正しく理解する

9dd13d52338057ce6d735b58be5aa423_s

こんにちは、モテスク管理人のキリトです。

今回のテーマは「出会い系のメリットと弱点を正しく理解する」です。

ここまで、「出会い系サイト入門 全4ステップ」で出会い系サイトで本当に女の子と出会えるということは分かっていただけたと思います。

出会い系サイトは確かに恋愛初心者にとって強力な出会い支援ツールであることは間違いありません。

しかし、残念ながら出会い系サイトにも弱点はあります。

弱点を知らずに使うと思ってたよりもあんまり成果が出ないなんてことになるでしょう。

そこで、このページでは出会い系サイトのメリットを再確認するとともに、出会い系が苦手な分野なんかを解説していきたいと思います。

オススメ

出会い系のメリット

まずは出会い系のメリットから考えてみます。

出会い系は基本的に出会いのツールの中でもバランスが取れた優秀なツールなのでメリットだらけだということに気づくでしょう。

 

恋愛初心者でも大丈夫

キリトは人生で初めての彼女を出会い系サイトで作りました。

当時のキリトは「全身の70%に傷跡」&「コミュ障」&「恋愛経験ゼロ」という状態でしたが、そんな人でもチャンスがあるのが出会い系サイトなのです。

女の子と付き合ったりデートしたりしたことがない男性にとって、リアルな生活の中で出会いを作り出すのはめちゃくちゃハードルが高い行為です。

なので恋愛初心者にとって出会い系サイトは最適なツールなんですね。

 

コミュニケーションが苦手でも大丈夫

リアルな出会いと違って、出会い系ではメールを使ったコミュニケーションで女の子と仲良くなっていきます。

なので、女の子と面と向かってコミュニケーションを取るのが苦手な人でも大丈夫です。

メールでのコミュニケーションは慣れないと難しそうに感じますが、慣れてしまえばじっくりと時間をかけて返信を考えることができるので、コミュニケーションが苦手な人にとっては逆に都合がいいんですね。

 

失敗しても大丈夫

リアルな出会いでは失敗すると恥ずかしいし、そんなに簡単に出会いが転がっているわけでもないので、「失敗しないようにしないと」と強いプレッシャーの中で恋愛活動をする必要があります。

その点、出会い系ならいくらでも失敗することができます。

なぜなら、登録している女の子は他にもたくさんいるし、たとえ断られてもリアルな知り合いなわけではないので精神的なダメージは限定されるからです。

「いくらでも失敗できる」という精神的な余裕があると、思い切って恋愛活動をすることができます。

そして、そうした思い切った行動が恋愛では良い結果を産むことが多いんですね。

 

誰にもバレない

出会い系は知り合いにバレないという点も魅力です。

昔のキリトがそうだったんですが、恋愛に奥手過ぎて、周りに恋愛活動をしているとバレることすらリスクに感じていたんですよ。

たぶんキリトの他にもそういう男性は多いと思います。

しかし、出会い系ならバレるということはほとんどありません。

「知り合いに出会っちゃったらどうしよう(汗)」って思う人は多いでしょうが、そんなことは天文学的な確率でほぼ0と言ってもいいでしょう。

実際にキリトは数年に渡ってかなり派手に動き回ったりしていますが、一度も知り合いにバレたことはありません。

万が一バレたとしても、バレた相手も出会い系を使っていることを周りに知られたくないでしょうから、他の人にバラす可能性はそんなに高くないはずです。

なので、安心して出会い系をやりましょう。

 

出会い系の弱点

次に出会い系の弱点について解説しましょう。

出会い系はとても優秀な出会いツールですが、苦手としている分野もあります。

その人の目的によっては出会い系よりも他の出会いツールを使った方が良い場合だってもちろんあるのです。

あとになってから「思ってたのと違うなぁ」ということにならないように最初のうちに出会い系の弱点についての知識もつけておきましょう。

 

カタログスペック勝負になりがち

まず第一の弱点は、カタログスペックの勝負になりがちという点です。

出会い系には自分のプロフィールを書く欄があって、年齢、身長、年収などを記載する欄が設けられていることが多いです。

そして、出会い系はこのプロフィールに書かれている内容によって、女の子がメールを返信する時から恋愛対象かそうでないかの判別がされてしまう可能性があるんですね。

実際には同じ年齢、身長、年収の男性だって恋愛力は千差万別なんですが、人柄の良さとかを見られる前に仕分けされてしまうなんてことも起こっちゃうわけです。

ここが出会い系最大の弱点なんですよ。

ただ、リアルな出会いでも女の子は口には出さないだけで男性側のいろんな要素で恋愛対象かそうでないかの仕分けはしています。

そういう意味では女の子が男性に求める需要を肌感覚で知ることができるとポジティブに考えることもできます。

ちょっと脅しちゃいましたが、自分と釣り合うレベルの女の子なら普通に出会えるので過度に不安を持つ必要はないですよ。

また、年齢はともかく、身長や年収はみんなそこそこゲタを履いてるものなのでそんなに気にする必要もないでしょう。

 

女の子のタイプが偏る

出会い系の第二の弱点は、出会える女の子のタイプが偏るということです。

結論から言うと、ギャル系とかキャバ嬢系の女の子に出会う確率は低いと考えましょう。

恋愛に活発な男性がナンパや合コンに行くように、活発なタイプな女の子もリアルな世界で出会いを求めることが多いからです。

なので、出会い系にいる女の子はあんまり合コンとかに行かないようなおとなしい感じの女の子が多くなるんですね。

ただ、誤解のないように言っておくと「おとなしい=可愛くない」ではないですよ!

あくまで性格的におとなしい女の子が多いと言うだけです。

 

若い子の難易度が高い

出会い系の第三の弱点は若い女の子の難易度が高いと言う点です。

出会い系に限らず、リアルな世界でも若い女の子の競争率は高いですが、出会い系ではさらに激戦になります。

特に18〜22歳くらいの女の子と出会うための難易度は非常に高いと思ってください。

このあたりの層は全年齢の男性から人気があるので、それはそれは激戦になるわけですよ。

さらに、18〜22歳の一般的な女の子の恋愛対象とする男性の年齢は25歳くらいまでになってきます。

なので、それ以上の年齢の男性はサバを読むか、年齢を上回る魅力をぶつけて行かないとそもそも恋愛対象外になる可能性が高いのです。

というわけで、18〜22歳くらいの女の子を狙うなら、ナンパとかもうちょっとリアル寄りな出会いツールで勝負することをオススメします。

逆に26〜28歳以上の女の子なら難易度が劇的に下がるので、ターゲットがそれくらいの年齢の女の子であるなら出会い系は威力を発揮します。

 

超可愛い女の子は少ない

出会い系の第四の弱点は超可愛い女の子は少ないという点です。

超可愛いようなモテる女の子は出会い系なんてやらなくても、リアルな世界でイケメンからガンガンお誘いがきます。

なので、わざわざどこの誰かも分からないような男を出会い系で探す必要はないわけです。

ただ、周りに出会いがない普通に可愛い子なら出会い系でもちらほら見かけるので、それくらいで十分というなら出会い系でも全く問題はないでしょう。

 

出会い系はこんな子と出会うのに向いている

出会い系の苦手な分野についてお分りいただけたと思います。

これらの情報を総合すると、出会い系はこんな感じの女の子と出会うのに向いています。

・自分のスペックに釣り合う子
・おとなしい性格の子
・普通〜ちょっと可愛いくらいの見た目の子
・23歳以上の子

こういう感じの女の子と出会いたい人には出会い系はうってつけなのでガンガン活用していきましょう。

逆に、ここに当てはまらない女の子と出会いたいのであれば、ナンパや合コンなど別な手段の活用をオススメします。

 

メリットと弱点を知って効果的に出会おう

以上、出会い系のメリットと弱点について解説してきました。

出会い系は本当に優秀な出会いツールなので、メリットと弱点をよく理解して正しく使えば、どんどん女の子と出会えるようになっていきます。

恋愛経験ゼロの恋愛初心者でも使いやすい点も最高です。

最初はなかなか勇気が出ないかもしれないですが、思い切って行動すればきっと恋愛での成功が待っていますよ。

出会い系で出会うまでの具体的な流れなどについてはモテスクの別な記事で詳しく取り上げているのでぜひ読んで見て下さい。

 

「出会い系入門 全4ステップ」に戻る

オススメ

キリトへの質問お問い合わせはLINE@ からどうぞ

【URL】

http://line.me/ti/p/%40cxz3805e

【QRコード】

この記事を読んだ人はこちらも読んでます

キリトの出会い日記

モテスクの恋愛テキスト

彼女の作り方 全5ステップ

モテる方法 全4ステップ

出会い系サイト入門 全4ステップ