最適なデートプランについて考えよう

TC9V9A4282_TP_V

女の子とデートの約束を取り付けることができたら、次はいよいよデートプランを考えます。

女の子とデートしたことがない人は、女の子とどう過ごしていいか不安な気持ちになることでしょう。。

キリトも人生初のデートはオドオドしっぱなしでダメダメでしたので、気持ちはよく分かります。

しかし、残念ながら恋愛の世界ではデートは男性がリードすることになっています。

不安な気持ちはとてもよく分かりますが、女性から悪い印象を受けないようにしっかりとデートプランを立てるように努めましょう。

そこで、このページではデートプランを立てるために必要な情報をまとめました。

オススメ

女の子とデートをする目的とは

デートの誘い方のページでも書きましたが、とても大事なことなのでもう一度考えてみます。

私たちの最終的な目標は、デートした女の子と付き合うことです。

したがって、女の子とデートする目的は、女の子を楽しませることでお互いの関係を深めて、単なる友達や知り合いという関係から、「この人となら付き合ってもいいかも」と女の子に思って貰うことにあります。

決して、男性が好きな女性と一緒に過ごして楽しむためではないということに注意しましょう。

 

女の子とデートする時の基本について

まず、女の子とデートをするに当たって注意するべき基本的なことについてご説明します。

実際にデートプランを立てる前にしっかり押さえておくべき大切なことです。

 

最初のデートが一番大事!

まず、意識しておかなければならないのは、女の子との最初のデートが一番大事だと言うことです。

女の子と付き合う前に何度かデートすることになりますが、最初のデートで失敗すると次のデートのチャンスはありません。

なので、最初のデートでは絶対に女の子から合格点を貰う必要があります。

逆に、2回目以降のデートでは大きく失敗さえしなければ何とかなることが多いです。

実際、キリトは2回目のデートまで引っ張り出すことができた女の子を彼女にできなかったことはほとんどありません。

やはり、勝負は1回目のデートでどれだけ良い印象を与えらるかにかかっているのです。

 

デート代は基本的に男性が支払おう

デート代は基本的に男性が支払うようにしましょう。

この点についてはいろんな意見があることは承知しています。

しかし、最低でも女の子を彼女にして安定期に入るまではデート代は男性が出した方が絶対に無難です。

なぜなら、女の子の中には男性にデート代を出して貰えなかったことで不満に感じる子がいるからです。

一方で、男性がデート代を支払って不満を感じる女性はほとんどいません。

したがって、デート代は男性が出した方が絶対に無難なのです。

女性経験がない人に限って「そんな女こっちから願い下げだ!」なんて言う人がいますが、そういうタイプの女の子でも付き合いはじめてしばらくするとちゃんと割り勘で出してくれるようになったりします。

男女平等と言われる社会で、なぜ都合のいい時だけ男性側だけが負担を強いられるのかという不満な気持ちはとてもよく分かりますが、ここはそんな気持ちをグッとこらえて負担するのがモテる男への道だと思ってください。

特に、前述したように最初のデートはとても重要ですので、その女の子と付き合いたいなら絶対に出すようにしましょう。

(補足)
相手の女の子との年齢差にも寄りますが、相手の子が働いているのであれば付き合い始めた後は割り勘で負担してくれる女の子も多いので、付き合い始めるまでのデート代は男性が負担するものだと考えておくのが良いでしょう。

 

ノープランは絶対にやめる

デートプランを立ててもどうせ計画通りにならないということでノープランで臨む人が時々います。

しかし、本当に女の子と付き合いたいと思うならノープランは絶対にやめましょう。

確かにデートプランを立てても必ず想定外の自体というのは起きるものです。

デート中に急に女の子が違う店に行きたいとか言い出す場合などです。

こういう場合に柔軟に対応することは重要ではあるのですが、かと言ってノープランで臨んで良いというわけでもありません。

最低でも基本的なデートのプランはしっかりと立ててからデートに臨むようにしましょう。

 

女の子と一緒にいる時は常に気を抜かない

女の子との関係が安定期に入るまでは、一緒にいる時に常に気を抜かないということも大切です。

恋愛経験が浅い人が気を抜いてしまうと、女の子の印象を悪くするような発言をしたり、行動をしてしまうことがよくあるからです。

キリトも女の子と仲良くなったと勝手に勘違いしてしまって、気を抜いた結果大きな失敗をしてしまったことが何度もあります。

自分の持てる力の全てを使った結果うまくいかなかったのだとしたら諦めもつきますが、凡ミスでうまくいくはずだった女の子との関係を棒に振ってしまうのは非常にもったいないです。

ずっと気を張っているのというは疲れるものですが、女の子と付き合って関係が安定するまでの辛抱なので頑張りましょう。

 

デートする場所を考えよう

女の子とデートするに当たって、「何をするか」ということも大切ですが、意外とデートする場所が重要です。

そもそも女の子をデートに誘う段階からある程度考えておかないと、「デートするのはいいけどその場所は嫌だから行きたくない」というせっかくのチャンスを棒に振ってしまう事にもなりかねません。

こういうこともあるのでデートする場所は意外と重要なのです。

 

女の子の家からの距離を考える

まず考えるべきはデートの場所を女の子の家から遠すぎない場所にするということです。

理由は単純で、デートの場所が遠いと女の子に「行くのめんどくさいなぁ」という感情を抱かせてしまうからです。

恋愛初心者のうちは、相手にとってアクセスが良い場所をデート地に選んで、デートのハードルを下げることをオススメします。

例えば、キリトは渋谷に住んでいるので、お洒落なお店が揃っていて土地勘もある渋谷に女の子を呼んだ方が何かとキリトにとっては都合がいいです。

しかし、女の子が埼玉や千葉や神奈川に住んでいる場合は女の子を渋谷に呼ぶには遠すぎる場合があります。

そういう時は、女の子が出かけやすい街を聞いてキリトの方から出向くようにしています。

このようにデートをする場所を選ぶ時は女の子の家から遠すぎないところを選ぶという配慮が重要です。

 

女の子が行きたい場所を選ぶ

女の子とデートする時は、自分が行きたい場所ではなく、女の子が行きたい場所を選ぶという視点も重要です。

デートプランを考える時に、ついつい男の視点でこういう場所に連れて行きたいという気持ちで選んでしまいがちです。

しかし、デートの目的は女の子から良い印象を貰って交際へと繋げることです。

この観点から考えると、女の子が行きたい場所に連れて行った方が女の子が楽しんでくれる可能性が高くなって、結果として女の子から良い印象を得やすくなります。

なので、女の子とデートする時は、自分が行きたい場所ではなく、女の子が行きたい場所を選ぶようにしましょう。

なお、女の子が行きたい場所を選ぶと行っても、デートプランを女の子任せにするという意味ではないので注意してください。

あくまでも、男性側がリードする形で、女の子が喜ぶ場所を考えて連れて言ってあげるということです。

 

デートする場所は下調べしよう

女の子とデートする場所は最低限の下調べをしておきましょう。

デート当日に想定外の事態というのは必ず起きるものです。

例えば、行こうと思っていたお店が混雑していて入れなかったとか、お店の場所が分からなくて迷ってしまうなどいろんな事態が起こり得ます。

そのような想定外の事態が起こるのはある程度は仕方がないので、想定外の事態でも余裕を持って対処できるようにデートする場所を下調べしておくことはとても重要です。

具体的には、ネットでその街の美味しいお店やカフェをいくつかリストアップしておくと良いでしょう。

また、デートの当日に約束の時間よりも早く街に行って、実際に現地で情報収集するというのでも構いません。

しっかりと女性をリードできるモテる男性というのは、こういう地味な努力をちゃんとこなしていることが多いのです。

 

最適なデートプランについて考える

一般的にデートプランを考えるというと「どこに行くか、何をするか」ばかりに目が行きがちです。

しかし、重要なのはデート全体を通して女の子からどれだけ良い印象を持って貰えるかです。

そこで、ここでは最適なデートプランを考えるうえでの心構えと、実際にデートで何をするのかを考えてみます。

 

長時間デートは避けよう

女の子と付き合う前は長時間デートをするのは避けるようにしましょう。

基本的には2〜3時間くらいで切り上げるという気持ちでいるのが望ましいです。

なぜ、付き合う前の長時間デートは避けた方がいいのでしょうか?

それは、長時間デートをすると、どうしてもグダグダになってしまって女の子から良くない評価を貰ってしまう可能性が高くなるからです。

最初の2時間は凄く楽しかったけど、後半はつまらなかったという状態でデートを終えると、女の子の持つ印象は「このデートはつまらなかった」という方向に傾いてしまいます。

したがって、ボロを出す前に楽しい雰囲気のまま切り上げて、女の子に「またデートしたいな」と思ってもらうことが重要です。

特に恋愛初心者のうちはどうしてもボロが出やすいですし、女の子とのデートが楽しいと延々と一緒に過ごしてしまいがちです。

なので、最初のうちはなるべく楽しい雰囲気のまま、短時間でデートを切り上げるように意識しましょう。

 

話題に困らない場所を選ぶ

恋愛初心者のうちは特に、なるべく話題に困らない場所を選ぶという視点が重要です。

例えばデートでカフェに行くとしても、何の変哲も無いカフェに行くと完全に自分のトーク力だけで女の子を2〜3時間楽しませ続ける必要が出てきます。

最終的にはそれくらいのトーク力を身につける意識も重要ですが、恋愛初心者のうちは環境の力を借りてなるべく自然と女の子と楽しく話せるようにすることをオススメします。

例えば、美味しそうなスイーツを出してくれるカフェや、お洒落なインテリアのあるカフェなどを選べば、無個性なカフェよりもずっと周りにいじって話題にするものがたくさんあるはずです。

女の子の趣味や性格などを考慮して、話題に困らない場所を選ぶことをオススメします。

 

準備8割の意識で臨む

女の子とのデートには不確定要素が多すぎてとても計画通りにいくものではありません。

しかし、それでも準備8割、本番2割の意識でしっかりと準備をしてデートに臨むことをオススメします。

 

デートの話題はある程度考えておこう

デートでする話題はある程度考えておくことをオススメします。

せっかく考えた話題のほとんどは使わなかったり、女の子にウケなかったりするものですが、それでも話題を考えておくことは重要です。

そもそも、恋愛初心者がぶっつけ本番で女の子を楽しませるような話題をポンポン出して行くというのは極めて困難です。

たっぷりと時間のある準備の段階で出てこない話題は、デート本番で女の子を目の前にした段階では当然出てきません。

そういう意味で事前にデートの話題を考えておくことは重要なのです。

なお、女の子とデートの経験がなかったりすると、何を話していいのかさっぱり分からない事態になると思います。

そういう人でも、どんな話題を出せば女の子が楽しんでくれそうか事前に考えることはとても重要です。

 

話題になる写真をスマホに入れておく

女の子とのデートの時に話題のタネとして、趣味の写真などをスマホに入れておくというのも一つの手段です。

例えば、キリトの場合は海外旅行に行った時の写真や、お洒落なお店にご飯を食べに行った時の写真などを入れておいて、デートの時の話題の1つとして使っています。

ペットを飼っているいる人はそういう写真を入れておくと話題の1つとして使うことができます。

このように、女の子との話題のタネになる写真をスマホに入れておくと、話題に困った時に何かと役に立つことが多いです。

 

こういうデートは避けた方が良い

恋愛初心者のうちはこういうデートは避けた方が無難です。

キリトも何度もこの手の拒否反応を女性から受けたことがあります。

恋愛経験豊富になってくると、リスクを承知のうえで誘うこともありますが、恋愛初心者のうちはやめておくことをオススメします。

 

カラオケなどの個室はNG

1〜2回目のデートでカラオケなどの個室に女の子を連れて行くのは避けた方が無難です。

女の子は男性の数倍はデートをすることへのリスクを抱えています。

もし、男性側が変な男だった場合にカラオケなどの個室は危険なため、まともな女の子は最初の段階からそういった場所へ行くことに対して警戒します。

なので、女の子から無用な警戒心を呼び起こさないために最初の方のデートでカラオケなどの個室に連れて行かないようにしましょう。

 

デートは夜ではなく昼にしよう

女の子がデートに応じるためのハードルを下げるという意味でも、最初の頃のデートは夜ではなく昼に行くようにしましょう。

飲みに行くなどの理由で昼が無理なら、せめて夕方の早い時間の方が無難です。

警戒心が強い女の子の中には、最初のデートを夜の時間に設定しただけであまり良く無い印象を受けることもあるからです。

デートの回数を重ねるごとに、夜のデートでも問題はなくなっていきますが、少なくとも最初のデートでは昼の明るい時間に設定することをオススメします。

 

何をしてデートをするかを考えよう

ここからは、いよいよデートで何をするかを考えます。

と言っても、ここまで見てきた事項をちゃんと押さえているのであれば、「デートで何をして過ごすか」はそれほど重要ではありません。

デートの目的は「女の子と関係を深めて交際をOKしてもらうことだ」ということを念頭において、狙っている女の子から一番良い印象を持ってもらえそうなものを選びましょう。

 

付き合う前のデートは無難が一番

女の子とデートするというと、遊園地とか動物園とか夜景を見に行くとか、ネットで検索すると様々なものが出てきます。

しかし、これらは全て女の子と十分仲良くなってから、場合によっては彼女にしてから行くデートスポットだと思った方がいいです。

少なくとも、最初の1回目のデートで行くべきスポットではありません。

付き合う前のデートは奇をてらったものよりも、無難なものが一番いいのです。

そして、無難なものとなると実はそこまで多くのパターンがあるわけではありません。

これから紹介するいくつかのパターンの中から、相手の女の子から一番良い印象をもらえそうなものを選びましょう。

 

ご飯を食べる

誰もが一番最初に考えるベタ中のベタなデートですが、一番誘いやすいし汎用性が高いのでオススメです。

お洒落なレストランや、美味しいお店を知っているとそれだけで有利になるので情報収集はしっかりしておきましょう。

なお、焼肉やしゃぶしゃぶ、鍋のように同じ入れものをお箸でつつく系のご飯は仲が良いことが前提で行くところなので、最初のデートで行くべきではありません。

また、言うまでもないとは思いますが、ラーメン、ファストフード、ファミレスはデート先としては論外です。

女の子は自分がどのくらいのレベルのお店に連れていってもらえるかで、自分のことをどれくらい大事にしてくれているかを評価している場合もあるので、あまりにも格安なお店に連れて行くのはやめましょう。

 

お茶する

ご飯を食べるのと基本的には同じですが、こちらはカフェやスイーツを出してくれるようなお店を含みます。

キリトは渋谷に住んでいるのと、個人的に甘いものが好きなので一番多用するデート先です。

甘いものが好きな女の子は多いので食べ物で釣れることと、お洒落なカフェに行くとそれだけでいい雰囲気になるのでオススメです。

また、お洒落なカフェなどは周りに話題のタネになるものが多いので、そういう意味でも使い勝手がいいです。

 

映画を見に行く

ベタですが、映画を見に行くと言うのもありです。

映画を見ている間は一切喋らなくても一緒の時間を共有できるので、トーク力に自信が無くても大丈夫です。

また、映画後にちょっとお茶する流れになると思いますが、その時も見た映画についての話題で話すことができるので、そういう点でも恋愛初心者にとっては助かります。

ただ、映画のジャンルの好き嫌いは結構別れるところなので、何の映画を見に行くかはデートする女の子に合わせて外さないように気をつけましょう。

 

お洒落な街でお散歩デート

ご飯やお茶などと組み合わせることになりますが、お洒落な街でお散歩デートするのも結構いいです。

もちろんノープランで臨むのはダメですが、適度にお洒落な雑貨屋さんなどがあると話題のネタに困らない場合が多いので恋愛初心者には助かります。

また、お洒落な街を一緒にぶらぶら歩くだけで、なんと無くそれっぽいデートになるのも良い点です。

気をつけるべきこととしては、雨が降ったり、めちゃくちゃ暑い・寒いなどの天候条件でデートの良し悪しが決まってしまう点です。

天候悪化の際にどういうお店に入るかなどは事前にしっかり考えておく必要があります。

 

次のデートの約束を狙う

最後に、次のデートの約束を狙うことを考えましょう。

デートはあくまでも女の子と付き合うまでの過程に過ぎません。

そして、女の子と付き合うまでには何度かデートを重ねることが普通なので、一度のデートで満足せずに次のデートの約束を取れるように努めましょう。

理想は、最初のデートの段階で次のデートの約束をしてしまうことです。

日程までは決めなくても、「また誘ってもいい?」くらいの確認はしておいた方が後で楽になります。

また、最初のデートの会話の中で、女の子が休みの日にどんなことをして過ごすのが好きかなどを聞き出しておくと、次のデートを誘うきっかけになるので、しっかりと意識して情報収集するようにしましょう。

 

「彼女を作るための全5ステップ」へ戻る

オススメ

キリトへの質問お問い合わせはLINE@ からどうぞ

【URL】

http://line.me/ti/p/%40cxz3805e

【QRコード】

この記事を読んだ人はこちらも読んでます

キリトの出会い日記

モテスクの恋愛テキスト

彼女の作り方 全5ステップ

モテる方法 全4ステップ

出会い系サイト入門 全4ステップ