モテるための会話力を身につける

BIS151026033534_TP_V

モテるためにやるべき3つのことの2番目はモテるための会話力を身につけるということです。

前回「モテるためにやるべきたった3つのこと」で解説した通り、会話力は恋愛の基礎体力を構成する重要な要素です。

見た目のレベルが同じ男性同士が勝負した際に勝負の決め手となるのが会話力になります。

モテる男の階段を登って行くためには会話力の向上は避けられません。

しっかりと理解してモテる男の会話力を身につけて行きましょう。

オススメ

マイナスを消す、プラスを積み上げる意識

以前「女の子を惚れさせるためのたった1つの法則」でご紹介した通り、女の子に好意を持ってもらうためには「マイナスを消して、プラスを積み上げる」ことが大切なのでした。

そして、これを最も意識しなければならないのが女の子との会話です。

人間はコミュニケーションを取る社会的な生き物なので、会話の内容や会話の質によって相手に与える印象は全く異なったものになります。

したがって、女の子と会話するときは常に集中して「マイナスを消して、プラスを積み上げる」という意識を持って臨むようにする必要があるわけです。

会話力というと小手先のテクニック論に陥りがちですが、会話力の根本的な土台としてこの意識を持つことはとても重要なので必ず身につけるようにしましょう。

 

マイナスを消すことが最優先

女の子との会話では、まずマイナスとなる部分を消すことが最優先になります。

なぜなら人間はプラスよりもマイナスを強く評価してしまう生き物だからです。

恋愛では、良いところがたくさんある男性が僅かなマイナスのせいで女の子に恋愛対象外とされてしまうことがよくあります。

なので、プラスを積み上げるよりも、まずはマイナスを消すことの方が重要なのです。

特に恋愛初心者のうちは、気づかないうちに多くのマイナスの話をしてしまい、知らないうちに女の子の評価を下げてしまっていたということがよくあります。

この辺は自分で気づくのが難しいところですが、マイナスになりそうな話はこちらから降らないというよう意識を持つことが大切です。

例えば、キリトはオタク気質の人間なので本当はアニメとかゲームとか大好きですが、そういう話をマイナスと受け取られそうな女の子と話をするときはアニメやゲームの話は全く出さないようにしています。

何がマイナスの話となるかは無数にあるので例をあげればキリがありません。

ただ、これだけは絶対に辞めといた方がいいという会話パターンを別記事でまとめているので、ぜひ読んでみて下さい。

(参考)
女の子と話をする時に絶対にやってはいけないことリスト

 

プラスを積み上げる

マイナスを消したら、次はプラスを積み上げる会話力を身につけます。

プラスを積み上げるとは、女の子に良い印象を持ってもらう会話をするということです。

それでは、良い印象とはどんな印象なのでしょうか?

例えば、面白い、楽しい、誠実、優しい、可愛い、男らしい、行動力がある、ポジティブ、余裕がある、話が合う、頭がいい、経済力がある、社会的地位がある、仕事ができる、などが良い印象です。

これらの要素を会話を通して複合的に伝えて行くことで、女の子から良い印象をもらってプラスを積み上げていくわけですね。

もちろんどの要素をより強く評価するかは女の子によって違いますよ。

優しくて、誠実で、頼りがいがある男性をより魅力的に感じるタイプの女の子もいるでしょう。

また、頭が良くて、仕事が出来て、余裕があるような男性をより魅力的に感じるタイプの女の子もいます。

なので、どの要素をより強く表現して行くかはターゲットの女の子に合わせて臨機応援に変えて行く必要があるわけです。

そして、まさか自分で「俺は優しい男なんだ」というわけにはいかないので、会話の中で自然と女の子に「この人は優しい人なんだ」といったプラスの印象を持ってもらうような会話を展開していくわけです。

このように女の子にプラスの印象を与えるための総合的な技術をモテるための会話力と呼びます。

この技術を身につけて行くことが、モテる男の会話力を身につけるうえでとても重要な視点です。

 

なお、話す内容と同じくらい「話し方」も会話力では重要な要素です。

それらについては以下の記事で詳しく解説しているのでぜひ読んでみて下さい。

(参考)
女の子と話すのが苦手な人が知らない恋愛トークの大原則

 

会話の引き出しを増やす

女の子から良い印象をもらってプラスの印象を積み上げていく必要があることは分かりました。

それでは、会話の中で自然と女の子に良い印象を与えるための会話力というのはどのように身につければ良いのでしょうか?

答えは、女の子と会う前に事前に話を考えておくということです。

もちろんいっぺんに全部作るのは難しいですよ。

ただ、「男らしさを伝える会話ネタ」、「仕事ができる印象を与える会話ネタ」など一つ一つネタのストックを作っていって、会話の引き出しを増やしていけば気づいた時には無意識のうちに女の子から良い評価を受ける会話力が身についていくということです。

そして、会話のネタは作るだけでは不十分で、実際にテストして繰り返し改善をしていく必要があります。

これはちょうどお笑い芸人がコントのネタを考えて、いろんな会場で反応を見ながらネタを磨き上げていくようなイメージですね。

実際に自分のネタを女の子に話してみて、女の子がどんな反応をするのか学習するわけです。

例えば、ネタのこの部分はこうした方が良かったかなとか、このタイプの女の子にはあんまりウケが良くなかったなとか、この順番で言った方が効果的だったなとか、いろんな経験を積んで行くことができるわけですね。

ちなみに、このように改善を繰り返すという行為は「恋愛力を向上させるたった2つのアプローチ」でお話しした「経験を積む」というところと密接に関係しています。

そろそろ、モテる男の階段を登って行くというイメージが少しずつ具体的に伝わってきたのではないでしょうか?

 

話題の種類

最後に女の子とどんな話題で話をすれば良いのかを考えてみましょう。

キリトが恋愛相談を受けている中で、女の子との会話の話になるといつも聞かれるのが「どんな話題を話したら良いか?」ということです。

正直にいうと、どの話題が適切かは目の前にいる女の子のタイプや、二人の親密度などによって違うので一概に言えないんですよね。

実際キリトも、この話題で行く!と決め打ちしている訳ではなくて、目の前にいる女の子と会話して反応を見ながらこれまでの経験をもとに話題をチョイスしています。

ただ、話題選びは「長年の勘である」なんて言われても困っちゃいますよね(笑)

確かにキリトも恋愛経験が浅い時は女の子との話題で悩んだものなので気持ちはとても良く分かります。

なので、ごく簡単ですがこういう話は振っておいても良いんじゃないのかって話題を紹介します。

(話題の案)
家族、仕事、趣味、食べ物、休日の過ごし方、恋愛経験、季節、イベント、学生時代の話、学生時代の部活、将来の夢、価値観、人生観、旅行、音楽、テレビ、映画、芸能人、遊園地、お酒など

こんな感じですかね。

当たり前の話題ばっかりじゃんと思うでしょうが、その通りです。

モテる会話術というと、なにかお笑いのコントのようにどっかんどっかん笑わせるようなものや、ロマンティックなものを想像される場合が多いですが、基本的に普通の会話の積み重ねなんですよ。

重要なのは、話題というよりも、これらの話題と絡ませて「いかに女の子に良い印象を持ってもらう会話にするか」ということです。

なので、仕事の話題を降る時は事前に作っておいた「仕事ができる男という印章を与える会話ネタ」を披露して、旅行の話をするときは「行動力があって素敵な人という印象を与える会話ネタ」を披露するといった流れになります。

こんな風に、「話題を降る=女の子に良い印象を与える」という構図を作るようにして、話せば話すほど女の子からの評価が上がって行くという方向が目指すべき道なのです。

 

以上、「モテるための会話力を身につける」でした。

実際に十分な会話力を身につけるまでにはそれなりに時間と訓練が必要ですが、効果的な会話ネタの引き出しが増えるほど会話力は上がって行くので、一歩ずつモテる男の階段を上がって行きましょう!

 

「女の子にモテるための全4ステップ」へ戻る

オススメ

キリトへの質問お問い合わせはLINE@ からどうぞ

【URL】

http://line.me/ti/p/%40cxz3805e

【QRコード】

この記事を読んだ人はこちらも読んでます

キリトの出会い日記

モテスクの恋愛テキスト

彼女の作り方 全5ステップ

モテる方法 全4ステップ

出会い系サイト入門 全4ステップ